【留学日記】<ミズーリ州立大:泰成さん>1

9月にカリフォルニア州のサンタローザ短大から、ミズーリ州立大に編入した泰成さんにインタビューをしました!一切の妥協も許さないストイックな彼のメッセージはいつも力強く、読む人にパワーを与えてくれます。今学期の目標を熱く語ってもらっています。

______________________________________

1. ミズーリに移り街の環境はどうですか?


とてつもない田舎ですが、自分は田舎出身ということもありすごい気に入っています!車を購入したので移動に不自由がなくなりましたが、車がないと生活するのはかなり厳しいです。近くのスーパーまで車で10分くらいかかります。そして、カリフォルニアに比べると人種差別もまだまだ残っています。
【留学日記】<ミズーリ州立大:泰成さん>2




2. なぜミズーリ州立大学を選んだのですか?


NATAのWebサイトから大学を検索し、その中から学費、プログラムの良さ、そしてプログラムの年数などを考えた結果、MSUが自分に1番合っていると思い選びました。特に、州外生のTransfer Studentsで24単位以上、3.2以上のGPAがあれば州内の学生と同じ金額で受けられる奨学金があり、そのおかげで学費が半額になりました。1学期にだいたい$4,000なので、かなりお金を節約することが出来てます!年数はプログラムに入るために取らないといけないクラスを取るために1年、そしてプログラムが3年で、コミカレの1年間を含めると計5年という形になってしまいますが、学費の面ではカリフォルニアの州内大に行った場合の約半分になるので、5年というのは気にはならないです!


3. 四年制大学の授業は短大に比べてどうですか?


課題の量がとてつもなく多くなりました。また、成績の付け方厳しくなり、コミカレ時代は90%以上でAだったものが、MSUでは94%以上でAなので、高い成績をとるのがかなり難しくなりました。


4. 今学期の実習先は?勉強と実習を両立する秘訣は?


実習先は、まだプログラムに入っていないということもあるので、大学のスポーツチームで4時間、高校で4時間、そして病院で2時間の計10時間程度しか行っていません。
【留学日記】<ミズーリ州立大:泰成さん>3




5. 今学期の目標を教えてください


コミカレ時代にはオールAをとることが目標でしたが、今は考え方がだいぶ変わりました。たしかに高いGPAをキープすることは大事ですが、学校の勉強に力を入れてもその学期が終わるとほとんど忘れてしまいます。それでは自分の将来のために時間を有意義に使えていないと自分は感じ、成績はそれなりでいいから、読書、スペイン語の勉強、そして解剖学やトレーニングの勉強に時間を割り当てるようにしました。アメリカの企業は即戦力を求めます。卒業した時に即戦力となるためには、今から準備する必要があると自分は思いました。なので、今学期からは高い成績をとることに飢えるのではなく、自分の将来につながる勉強や準備を始めています。


★高卒生・大学生~社会人対象★
MLBトレーナーの夢を掴む! アスレティックトレーナー留学≫

★高卒生・大学生~社会人対象★
本場アメリカで学ぶ! ストレングス&コンディショニングコーチ留学≫

随時募集中!
個別進路面談のご予約はコチラから≫


◎先輩の声も発信中!◎
【留学日記】アメリカ大学トレーナー留学生≫